夏の猛暑を前にしたいエアコンのクリーニング。住まいるオスカーでも承っています。

10年経った我が家のエアコン。殆ど使わないのですが、10年間何もしていないこともあり、寝室と子供部屋のエアコンクリーニングを弊社、住まいるオスカーで済ませました。

住まいるオスカーのエアコンのクリーニング・レポート

まずはエアコンフィルター、カバー類を外します。これらは外で丸洗いします。

残った本体はアルミの蜂の巣状になったフィンと言われる部位と、右側に見える制御基盤がむき出し状態になりました。

このフィンの部分に薬剤を洗浄機ノズルを当てて洗浄し、あとは水で同じく洗浄機ノズルを当てて洗い流します。その前に基盤に水は禁物なので水がかからないよう養生し、エアコンクリーニング専用の養生資材で全体を覆い、洗浄開始です。

年に数回ほんとに我慢にならないくらい暑い日にしか使わないエアコンなので、そんなに汚れてないだろうと思っていましたが、その養生資材を伝ってきた水を見ると真っ黒…。

やっぱり数年に1度はやらなきゃダメですね…と思ってしまいました。

付加機能付きのエアコンのクリーニングは要注意

最近は、「お掃除ロボット付き」とか「プラズマクラスター」とか「ムーブアイ」だとか付加機能のあるエアコンが大変多いです。これらは、洗浄のためアルミフィンをきっちり露出させるのにこれらの電子機能を取り外さないとまともに洗浄できない機種です。これが今クリーニング職人を悩ませているようです。

「分解をどうやってやればよいかわからない」というのです。確かに清掃職人に配線のからむ機械の分解が求められるのはちょっと酷ですね。設備工事職人あがりの清掃職人もおられるのでそういう人にはあまり悩みでもないみたいですが。

今回は3台で税込\30,780(税抜¥28,500)でした。先ほどの付加機能付エアコンになるとお値段はまた変わってくるので注意が必要です。

エアコンクリーニングも住まいるオスカーにお声かけくださいね。