ガスコンロに火がつかない3つの原因と交換費用の目安

お湯を沸かそうとすると、「ガスコンロに火がつかない」ということはありませんか?慌てないで、順番に原因を調べてみましょう。

ガスコンロに火がつかない!代表的な原因3つ

appliance-2257_640

1.ガスコンロの電池が切れている

卓上のガスコンロ、ビルトインガスコンロには、乾電池が内蔵されています。電池の残量が少なくなるとお知らせランプが点灯する(赤いランプが点滅・点灯)機種もあります。また、お知らせランプがない機種などは、パチパチという音の間隔が長くなったりもします。温度センサー付きのタイプでは、点火ボタンを離すとすぐに火が消えてします場合もあり、それぞれ電池交換が必要な例です。電池は使用頻度によっても変わりますが、1年を目安に交換が必要です。

2.バーナーキャップがずれている、汚れている

ガスコンロのバーナーキャップがずれていないか確認しましょう。また、バーナーキャップが汚れていると赤火などになりやすく、不完全燃焼を起こすことがあるため、きれいに掃除をしましょう。バーナーキャップの裏面は、固めの歯ブラシなどで汚れを落とし、表面はやわらかい布で拭き取りしましょう。

3.センサー、点火プラグが濡れている

よくある原因として、吹きこぼれや掃除をしたあとに、センサーや点火プラグが濡れている場合があります。乾いた布できれいに拭き取りをしましょう。

直らない場合

それでも直らない場合は、製造メーカーにて修理をすることになります。設置後10年以上経過している場合は、修理用部品がない場合もあり、交換も考えておいてください。電池内蔵タイプであれば、蓋の内側にメーカー名と品番が記載されているケースが多いのでメモして、電話する際、窓口の方に伝えてください。品番等がない場合、キッチンメーカーの自社製品、OEM製品の可能性もあるので、キッチンメーカーへ問い合わせしてみてください。

ガスコンロメーカー一覧

キッチンメーカー一覧

ガスコンロの交換費用の目安

現在使用しているものが、修理不可能だった場合や10年以上使用している場合は交換を検討しましょう。現在のガスコンロは、Siセンサー(安全センサー)がすべて標準装備されています。ビルトイン型タイプであれば、幅60cmタイプ75cmタイプの種類があり、天板は一般的なメタルトップとガラストップがあります。ガラストップは、掃除がしやすく、人気の高い商品です。ただ、物を落としたりするとガラスが割れることもあり、それぞれの特徴を見極めて選んでください。

メタルトップ 標準幅60cm 水無し片面焼グリル

リンナイ ガスコンロ
リンナイ メタルトップシリーズ

価格:6.8万円~(税別)材工共 処分費込み

機能:片側高火力~とろ火 、水無片面焼き、消し忘れ消化機能、立消え安全装置、油加熱防止装置、焦付き消化機能、グリル加熱防止機能

ガラストップ 標準幅60cm 水無両面焼きグリル

ハーマン ガスコンロ
ハーマン ガラストップシリーズ

価格:9.6万円~(税別)材工共 処分費込み

機能:両側高火力~とろ火 、温度調整 、炊飯機能、湯わかし機能、グリル仕様 お手入れ簡単、フラット焼き網、水無両面焼き、水無片面焼き、消し忘れ消化機能、立消え安全装置、油加熱防止装置、焦付き消化機能、グリル加熱防止機能

ガスコンロ取替についてのご質問・お問い合わせは下記まで
リフォーム専門店「住まいるオスカー」0120-00-8912