外壁窯業系サイディングの張り替えと重ね張りを比較!メリット・デメリットを解説!

住宅外壁の代表的材料は窯業系サイディング・板金・モルタルなどありますが、本記事では窯業系サイディングのリフォームについて紹介します。

DSCN1014

窯業系サイディングのリフォームの基本ポイント

 窯業系サイディングは10年を目安に再塗装が必要

窯業系サイディングの耐久年数は20年以上あると言われております。

ただし、太陽光線の紫外線により、経年で表面が劣化し、色が落ちが発生します。また躯体の動きによりサイディング材が浮いたり、反ったりする場合もあります。何もメンテナンスしなければ、15年くらいで雨漏れする場合もあります。

やはり、数年ごとの点検・部分修理が必要になります。

また、外壁の継ぎ目のシーリング材(コーキング)の耐久性は、もって10年です。シーリング材が劣化すると、隙間が発生し、雨水が侵入しやすく、外壁材の下地材(木材)を腐らせる要因となります。北面などは、苔・藻が発生することも多く、放置すると、どんどん広がっていきます。長い間メンテナンスしていない方は、早めにプロの方へ点検を依頼してみてはいかがでしょうか。

外壁塗装リフォーム価格の目安

※延床面積40坪を想定

  • 仮設足場:187,000円
  • シーリング打ち替え:185,000円
  • 外壁シリコン塗装工事:480,000円
  • 付帯部塗装:50,000円
  • 合計:902,000円(税別)

物件の形状や脱着物等がある場合は、加算されるケースが多いので、100万~120万は想定しておきましょう。

おすすめ記事

外壁サイディングの張り替え、重ね張りの比較!メリット・デメリットは?

窯業系サイディング張り替えの場合

img_0994
外壁をめくり、水が侵入したサッシまわりの状況

張り替えのメリット

  • 雨漏れで、外壁下地材が腐食していた場合は下地材の交換も同時にできます。
  • 窯業系サイディングは、デザインが豊富で洋風・和風・モダンなど様々なコーディネートが可能です。
img_1001
透湿防水シートを張り直して下地を入替した状況

張り替えのデメリット

  • 重ね張りに比べて、工期が長くなります。3週間~1か月ほど。
  • 既存の外壁をめくる分コストも2割ほど高くなります。

費用目安

延床面積40坪を想定:

  • 210万~280万円(税別)
  • 脱着物等の費用が加算されます。

金属サイディング重ね張り(カバー工法)の場合

重ね張り
窯業系サイディングの上に、木下地を施工した状態

重ね張り(カバー工法)のメリット

  • 外壁を解体しない分、工事期間が短くて済みます。
  • 解体処分費が無い分、費用が安く経済的です。
  • 2重の外壁で、断熱効果、防音効果があります。

重ね張り(カバー工法)のデメリット

  • 雨漏りで下地材が腐っていた場合、下地の補修できずそのままになってしまいます。(ただ、雨漏りするわけではありません)
  • 金属サイディングは、窯業系サイディングと比べて、デザイン性がやや低いです。

費用目安

延床面積40坪を想定:

  • 180万~250万円(税別)
  • 脱着物等の費用が加算されます。

張り替え、重ね張り双方のメリット・デメリットを紹介しましたが、お得度は予算が安めの「重ね張り」になります。ただ、専門家の立場でおすすめするとしたら、張り替えをおすすめします。家の構造躯体、下地などは非常に重要なところになるので、目でみて問題がないか確認することが必要です。

 

ブログをお読みいただきありがとうございます。北陸エリアで外壁リフォームを検討しているという方は、住まいるオスカーの外壁リフォームのページもご覧ください。