リフォーム日誌
【魚津市工事中】築25年オスカーホーム キッチン断熱窓外壁リフォーム工事

工事の担当者

松井 静香

松井 静香
[営業担当 ]

気が付けばリフォーム営業として25年経過・・・。多種多様な現場を対応させて頂いてます。今回の現場は二世帯家族同居に伴った大型リフォーム+新築(増築)という案件をご紹介します。

杉坂 貴司

杉坂 貴司
[工事担当 ]

6年ぶりに新川営業所に戻ってきました。いつも、元気に現場監督をしていきます。

リフォーム工事の主な仕様と工事の内容

25年前施主様がご両親様と同居のため渡り廊下でオスカーホームの増築(新築)工事をして頂きましたが、今回は施主様の娘さん夫婦と同居に伴って、現在の自宅キッチン改装とサッシ入れ替え内装や外壁貼替をしたのち、築100年の旧自宅を全解体して当社のガレージ付平屋増築工事です。

工期 6か月
施工時期 2018年3月下旬~
リフォームの種類 複合リフォーム

【仮設】仮設台所

2018年03月22日

外壁貼替やキッチン改修工事などの場合でお客様が一番心配している工事中のライフラインは、工事期間中でも浴室が使えるようにエコキュートの仮置き移動をしたり、外部に面した縁側などに流し台を用意して工事中の不安を解消するために仮設台所を設けます。

【キッチン解体】2×4躯体あらわし

2018年03月28日

現在では珍しいスラブオンにタルキ+フロア貼仕上げでした(現在はこの工法は行っておりません)
今回の工事ではシステムキッチンの吊り戸部分は撤去します。

【床下断熱】ウレタン吹付施工

2018年03月30日

断熱欠損を防ぐために、床タルキに養生テープを一本一本貼りもこもこのウレタンをプシューーと吹きかけます。吹付後はもこもこと膨れてそのあとはすぐ乾いて固くなるので、タルキの養生テープをはがしていきます。
これは、コンクリートの温度差によるコンクリートの湿気でフロアが劣化しないようにと、床下断熱で床の底冷えをさせないための今回工事のポイントです。

【木工事】床下地

2018年04月02日

25年前ほとんどのお宅は、床タルキにフロア材床仕上げ@12mmだったと思います。さすがに経年劣化で頻繁に歩く経路辺り「床がギシギシ鳴って腐っているのでは?」とご相談をうけます。ほとんどは、フロア材とフロア材のさねのボンド等の剥がれによる床鳴りです。今回は、現行の施工方法で構造用合板@12mm+フロア材@12mmの二重貼リ仕上げとします。

【木工事】断熱窓入替 YKKAP APW330に全取替

2018年04月05日

お部屋のいごこちは、窓。
ドイツやアメリカの住宅では60%以上の住宅で樹脂窓に対し、日本の住宅事情ではまだ10%ほどだそうです。
住まいの快適性を維持するためにも、外壁改修時や内装改修では断熱複層窓への取替をおすすめいたします。
今回は、当時のサッシ規格寸法も微妙に違い各部屋規格で納まるよう施工中です。
大きなテラス戸は、工事担当者もお手伝いしてます。

【木工事】フロア材仕上げ

2018年04月10日

捨て貼りした構造用合板に仕上げ材のフローリングを貼りました。
2階のお部屋は、既設の旧フロア材+新しいフローリング床材を重ねて貼りました。なので、階段の段差解消に床見切材をして小口処理をします。

Panasonic アーキスペックフロアー ナチュラルウッドタイプ
ナチュラルチェリー柄

【木工事】外壁貼替工事

2018年04月11日

着工し始めからすぐ、既設の外壁材を解体後までブルーシートにて養生中の施主様宅でしたが、外壁防水シートのタイペック貼に金具止めで窯業系サイディングを施工中です。外壁材の厚みも当時12mm→16mm貼仕上げとなります。
今後、旧本宅解体後も同じ材料にて増築しますので外周的な仕上がりは、全体に新築したような外観に。
施主様も「本当に、毎日楽しみししてます」と言ってくださってます。私も共感です。

ニチハ窯業系サイディング モエンエクセラード16Vシリーズ 16mm通気金具
マイクロガードタイプ
レボストーン調 ファータMGサンセット 


その他リフォーム日誌を見る