「あったかいんだから~!」リフォームで断熱改修は当たり前?断熱方法・断熱材種類と特長

近年リフォームで当たり前になっている、断熱改修リフォームについてお話します。

なぜ断熱リフォームの需要が増えたかというと、電気料金・灯油高要因があります。また、政府の方針もあり、省エネ性・断熱性の高い住宅が増えております。

以下の記事では断熱方法、断熱材の種類を比較し、それぞれにどのような特徴があるか説明してきます。

充填断熱工法と外張り断熱工法の違い

断熱工法は大きく分けて2種類あります。

1. 充填断熱工法

まず、木造住宅で多い断熱工法は、充填断熱工法です。

グラスウール充填断熱

柱と柱の間に「グラスール」などを入れたり、床根太と床根太の間に「押出法ポリスチレンフォーム」(スタイロフォームと呼ばれております)を入れたり、天井裏にグラスウールを敷く方法になります。

木造住宅では、木材自体が熱を伝えにくいこともあり、木材の間に断熱材を入れる「充填断熱工法」を多く採用しています。「外張り断熱工法」に比べて工事費用が安くできるため、多く採用されています。

2. 外張り断熱工法

次に、コンクリート住宅、鉄骨住宅で多い工法が「外張り断熱工法」です。
外壁断熱    外張り断熱工法

コンクリートは熱を伝えやすく、充填工法だと、柱廻りから熱が伝わってしまうため住宅を囲う工法の「外張り断熱工法」が採用されています。

しかし、工事費用が高くつくことがあります。

断熱材の種類と特徴

断熱材の種類でよく使う種類は2種類。

グラスウール

DSC_0017[1]

一番よく使う断熱材といえば、グラスウールです。なぜ、よく使うかといえば、価格と性能のバランスがよく、施工性も良いからです。

充填断熱工法では、天井と壁にグラスウールを使い、床を押出ポリスチレンフォーム(スタイロフォーム)を使うことが大半です。

押出ポリスチレンフォーム

スタイロフォーム

別名スタイロフォーム(ダウ化工㈱製)と言っています。

この断熱材は、重点断熱工法で床に敷き詰めたり、外張り断熱工法で良く採用されます。厚みが薄い割には、断熱性が高く、現場でミリ単位でカットしやいのが特徴です。

木造住宅をリフォームする場合どの断熱材を組み合わせるの?

当社、住まいるオスカーがリフォームで断熱材を入れる場合、天井100mmグラスウール(16K)、壁100mmグラスウール(16K)、床45mmウレタンフォームを最低基準としております。

新築を建てる場合、地域によって断熱材の厚み基準があり、これ以上の厚みが必要となります。

リフォームの場合は基準が決まっておらず、当社で最低基準を設けております。グレードアップする場合、天井断熱材と、床断熱材を変更し、新築基準並みの断熱性まで上げる事もできます。

詳しい基準はこちらからご覧下さい。(社団法人:日本建材・住宅設備産業協会より索引)

断熱性を高めて光熱費を減らそう!

断熱工事の目的は、断熱材を入れる事で、温度差の無い住宅、つまり住みやすい住宅にすることです。また、光熱費も大幅削減できることから、注目されています。

住まいるオスカーでは住まいを冬あったかく、夏は涼しくする最適な断熱改修リフォームをご提案いたします。

色々な施工実例もHPでご紹介しております。