消費税10%目前!8%でリフォームする条件と経過措置のリミットはいつまで?

消費税増税のタイミングまで1年を切ったところで、テレビでも多く報道されています。今回の記事で、消費税8%でリフォームを行う場合の条件とスケジュールを確認しておきましょう。

消費税8%でリフォームできるのは2019年9月30日まで!

消費税10%に引き上げられるタイミングは、2019年10月1日と政府が公表しております。住宅を建築する場合やリフォームを行う場合、原則2019年9月30日までに引渡しを行う必要があります。戸建て住宅を建築する場合や大規模なリフォームは一般的に4か月~6か月ほど工事日数がかかり、準備期間も含めると、さらに余裕をもった計画が必要です。

記憶に新しい5%から8%に引き上げられた時は、駆け込み需要が発生し資材不足や職人不足から工事が遅延するケースも発生しております。引渡しが遅れると、原則増税後の税率での支払いが必要です。

増税を軽減する経過措置とタイムリミット

経過措置とは、引き渡しの半年前までに請負契約を結ぶことで、引渡しが10月以降となっても旧税率が適用されるというものです。今回の場合は、2019年3月31日までに契約が必要となります。ただし、工事中(4月~9月)に追加工事が発生した場合は、追加工事分のみ増税後の税率10%となります。

大規模なリフォームを行う場合は、早めにリフォーム業者へ相談することをおすすめします。