断熱リフォームで快適で健康な住まいを

快適な家で、健康に暮らしたい。そんな願いをかなえる「断熱リフォーム」について、今回をお伝えします。

快適の鍵は「断熱」

快適な住まいとして思い浮かぶ一つが、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせることではないでしょうか。それを可能にするのが「断熱」です。適切な室温が保てないと、冬はヒートショック、夏は熱中症と健康にも悪影響を与えます。

築40年以上の家は注意

住宅には概ね断熱材が入っていますが、政府が住宅の省エネ基準を制定したのは1980年。「旧省エネ基準」と呼ばれるこの基準では、外壁や天井の断熱材の仕様は定めましたが、現在の基準と比べると緩やかなもの。築40年以上の住宅にお住まいの方は、断熱材の有無を調べた方が良さそうです。

床下収納庫や押入れの天袋の点検口を開け、自分で調べることもできますが、素人が判断するのも難しいので、有料になりますが、ホームインスペクション(住宅診断)を利用する方法もあります。ちなみに、住まいるOSCARでもホームインスペクションを行っています(対応エリアは、富山県と石川県の一部)。家の状況が気になる方は一度確認しておくと安心ですね。詳しくはこちらへ

断熱リフォームのポイント

断熱リフォームでまず重要なのは、窓。二重窓に変えるだけで、断熱効果はかなり違います。工事も大がかりではないので、まずはこれから始めるのが良さそうです。その次は、床や天井。床の張替えやお風呂のリフォームを考えた際に一緒に手掛けると一段と快適な住まいに。

初めての方へ断熱リフォームの記事

断熱リフォームの優遇・補助制度

断熱リフォームを行う場合は、色々な優遇・補助制度があります。国土交通省には、「省エネ改修に係る所得税額の特別控除(投資型減税)」と、「省エネ改修に係る所得税額の特別控除(ローン型減税・住宅ローン減税)」があります。これら以外にも、自治体の助成制度などもあるので、お住まいの都道府県・市区町村にお問い合わせください。

関連記事

住まいるオスカーの断熱リフォーム

住まいるオスカーのリ・バリューメニューの中には、断熱リフォームのサービスがあります。

 内装工事パック フロアの張替え+断熱材入れ(床下に断熱施工をした後、張替え) 6畳200,000円(税別)~
窓サッシ工事パック 断熱サッシへの取替え(幅~75㎝×高さ~90㎝) 44,300円(税別)~

また、中古住宅のリフォームプランをまとめた「住まいるオスカーのリ・バリューメニュー」もご覧ください。

冬の寒さが厳しい北陸地方。春まで健康に過ごすためにも、断熱リフォームを検討してはいかがでしょうか?