住まいの危機管理を助ける、ハザードマップ=災害予測図の使い方。富山のマップを活用してみた

今までの建売住宅とは違う「資産価値」ある「新しい住まい」の提供しているオスカー不動産の一社員としましては、住まいの危機管理も大事な仕事だと自負しています。

そこで、今回は最近よく耳にする機会が増えてきた「ハザードマップ(災害予測図)」について紹介します。

自然災害に負けない危機管理を!
だれでも出来る災害対策の必需品「ハザードマップ」とは?

自然災害が多発している昨今、車のワイパーをハイスピードにしても前が見えないくらいのゲリラ豪雨や台風による水害被害の報道をよく見かけるようになり、最近何かと耳にする言葉が「ハザードマップ」。日本語で言うと「災害予測図」です。

色々調べて分かったのですが「ハザードマップ」にもさまざまな種類がある事がわかりました。

災害予測図(ハザードマップ)とは?

ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、その被害の範囲を地図上に分かりやすく載せている地図のことです。

主なハザードマップの種類と、想定された危険要因について:

  • 洪水:河川の氾濫、浸水など
  • 内水:降雨により下水道の処理限度を越え、河川等に放流できない場合の浸水
  • 高潮:台風の接近等による浸水など
  • 地震:液状化現象が発生する範囲、大規模な火災が発生する範囲など
  • 津波:浸水地域、高波時通行止め箇所など
  • 土砂災害:土石流の発生渓流、がけ崩れの危険地など
  • 火山:火口が出現する地点(範囲)や、溶岩流・火砕流・火砕サージの到達範囲、火山灰の降下する範囲、泥流の到達範囲など

参照元:Wikipedia「ハザードマップ」

自分が住む地域のマップを確認しよう

自治体によりハザードマップは違いがあるようですので、自分が住む地域のホームページを確認してみてください。

ネット検索の場合、「地域名」と「ハザードマップ(または災害予測図)」というキーワードを入れて検索すれば、掲載場所を確認することができるはずです。

また、国土交通省がまとめている、各種自治体の「ハザードマップ」はこちらです。
こちらからも各地域のハザードマップを探すことができます。

「ハザードマップ」がなぜ災害対策にとって不可欠なものなのか

主に以下2点に集約されると思います。

  1. 災害発生時には的確に避難を行う事ができ、また二次災害発生予想箇所を避けることができる
  2. 災害による被害の低減にあたり非常に有効

つまり、災害が発生して、例えば通信機能や頼れる情報がないときに、予めシミュレーションしてある情報を頭に入れておくことは、危機対策にはとっても大切です。

昨今、国内各地でも災害が多発するようになってきました。災害が発生した直後は誰もが意識し敏感になるものですが、すぐ忘れてしまうものです。これを機会に防災意識を高めて頂ければと思います。

ハザードマップを活用してみた。
富山県富山市の場合、洪水と地震・津波を特に意識しよう。

今回、弊社が不動産業を展開している北陸地方についてハザードマップを試しに見てみました。北陸といっても広いですので、今回は富山県の富山市に限定して、各種類のマップを紹介していきたいと思います。

初めてハザードマップをご覧になる方は、まずどういうものなのかのイメージを掴んでいただければと思います。

富山市の各ハザードマップ(災害予測図)

洪水ハザードマップ

ハザードマップには、

  • 対象となっている河川名
  • 洪水ハザードマップの定義
  • 地域別の避難場所一覧
  • 洪水が起きた場合の緊急避難地域エリア
  • 色別で浸水で想定される深さ

が表示されています。
スクリーンショット 2014-09-12 12.22.24

内水ハザードマップ

内水については、富山市のみ存在するようです。こちらから該当ページへ行けます。
富山市をクリックすると、富山市上下水道局が発行している内水のハザードマップをダウンロードすることができます。(下記2点目画像)

スクリーンショット 2014-09-12 14.10.03

 

スクリーンショット 2014-09-12 13.55.03

 

高潮ハザードマップ

富山県全域に対して、高潮についてはマップはないようです。

スクリーンショット 2014-09-12 13.47.56

 

津波ハザードマップ

津波及び地震については、富山市のページ内から各地域のハザードマップがダウンロードできるようになっています。

下記2点目の画像は、富山県富山市の和合、呉羽、富山西のマップです。

これは富山市に分布する活断層のうち、大規模な地震につながる可能性のある活断層を対象にした震度予測によって作成されているようです。

最も被害が大きくなるのは、富山県市街地に位置する呉羽山断層で地震で、そこで大きな地震が発生した場合の予測震度が色分けで表示されています。

スクリーンショット 2014-09-12 14.57.45

スクリーンショット 2014-09-12 14.59.27

土砂災害ハザードマップ

土砂災害については、魚津市と中新川郡上市町のみマップがあります。それぞれから防災地図をダウンロードすることが可能です。

スクリーンショット 2014-09-12 13.48.56

 

火山ハザードマップ

富山県全域に対して、火山についてはマップはないようです。

スクリーンショット 2014-09-12 15.12.59

今回は、富山市にスポットをあてましたが、これと同じようなマップ・情報が各自治体に存在します。

これを機会に、家族の勤務先、子どもの通学先と習い事先など主要な場所について見ていき、その地域独特の特徴や危険性を把握してみてください。自然災害ですので、多くは地理的な特徴から来るものがほとんどですので、その地域についてよく知っていれば分かるようなことかもしれませんが、改めてハザードマップを見ることで学ぶことも多いです。

ご家族がいる方は、是非子どもたちとも一緒にマップを印刷し、災害の認識を高めてみてください。

※注)地図は2014年9月中旬に調査した当時の結果を踏まえたものですので、随時新しい情報が掲載されている可能性もあります。

また、現在はデータがなくても将来的に掲載されている場合もありますので、自分で自治体や上記で紹介しているリンク先へ行ってみて、最新情報を確かめてみてください。