掃除がしやすい今どきのお風呂・システムバスの作り方!構造と機器の紹介

最近のトイレやお風呂の機能はどんどん進化し、「使いやすさ」はもちろん、「掃除しやすさ」をメインに考えて作られ、新築やリフォームの際にはよりマイホームでの希望のスタイルに合った商品を選べるようになっています。

以前に比べ、どのような点がよりお手入れしやすくなっているのでしょうか?

掃除のしやすさに注目して、「今どきのトイレとお風呂の作り方」を考えてみた、前回のトイレ編に続き、今回はお風呂について!

掃除しやすいお風呂・システムバスとはどんな構造・機能?

Q.お風呂の掃除、どんなところが不満?

  • 気づけば出てくるあちこちのカビ
  • 排水口のヌルヌル汚れ
  • 擦ってもきれいにならない床
  • ドアの隙間の黒カビ

新築やリフォームでお風呂を作るときのポイント

湿気がこもり、汚れがたまってしまう浴室内。最近では一体型のシステムバスが主流となり、浴槽や壁、床など、さまざまな面で「快適さ」と「掃除のしやすさ」を考えたものが作られています。

水はけ良く乾きやすい床や、髪の毛をまとめて一ヶ所でサッと取り出せる排水口、スポンジで拭き取るだけできれいな壁、特殊コーティングで水をはじきシリカ汚れを防ぐ鏡など、今までのゴシゴシ洗いに比べ「拭くだけ」「流すだけ」できれいになる機能がどんどん増えています。

お風呂のパーツ別に見てみよう!

浴室内・浴槽

サッと流せばOKの浴槽

水アカに皮脂、入浴の汚れやシャワーからの水はね汚れ。

全身を使ってのスポンジやブラシ洗い、お風呂掃除の中でも重労働なのが浴槽洗いですね。滑りが良く汚れのつきにくい浴槽で、使用後にシャワーで流せばほとんどの汚れがきれいになり、気になる部分はスポンジで撫でるように洗うだけ。掃除に必要な水量も減り、節水効果も。

浴室乾燥機

「カラッと保ってくれる」、「カビを防いでくれる」機能のついた暖房換気乾燥機を設置すると、ジメジメしがちな季節や暑い時期でも、熱気がこもる浴室を効率的に乾燥させることができます。

ラックやバーを利用

水切りの良さをキープしたいシャンプーなどのボトル類や石鹸。ラックなどにまとめて整理しておくことで、底面のヌルヌル汚れを防ぎ、掃除の時にも移動しやすくクリーンな状態を保てます。

ボディスポンジや掃除用ブラシなども、S字フックにかけて設置したバーに吊るし通気性よくしておけばカビが生えず清潔です。

スクリーンショット 2014-08-09 01.31.38

画像:Panasonicオフローラ

床・壁

ヌメリやカビのおもな原因は石鹸カスや皮脂汚れ。特殊表面加工の床や壁はシャワー時にはねた皮脂汚れがこびりつかず、落としやすくなっています。

壁はパネルで拭いたり撫で洗いしたりするだけで簡単にきれいになり、床を洗う際にはシャワーで汚れが取れ、スポンジが浅く広い溝の奥までしっかり届き、掃除の手間が大幅にダウン。水はけが良く乾きやすい床を選ぶことで、いつまでもじめじめとせず、少ない時間でカラッと乾いた状態に。

浴室内に裸足や靴下でサッと入って掃除しやすくなります。

スクリーンショット 2014-08-09 01.34.42
画像:TOTO サザナ

排水口

石鹸やシャンプー、皮脂や髪の毛など洗い場からの汚れが流れ込み、気づけばヌルヌル汚れが付着している排水口。お風呂の中でも最も汚れがたまりやすい場所ですね。

日々のこまめな掃除が必要ですが、最近のヘアキャッチャーは髪の毛が絡みにくく、排水時にうずの力で汚れがつきにくくしたものや、すり鉢状に髪の毛やゴミを一ヶ所に集めるものなどで、手を汚さずサッと簡単に捨てられるように考えて作られています。

また、ステンレス製のヘアキャッチャーを選べば、汚れがこびりつかずカビも生えにくく、洗い流せばきれいに。排水口まわりのデザインは、従来からの段差や凹凸を減らし、排水口奥のトラップ部分は開口部分が広くなりブラシを持った手を入れて掃除しやすく、汚れがとどまらず落としやすい作りになっています。

浴槽内の排水口はフランジ金具をなくし、汚れのたまらないスッキリタイプも登場。
スクリーンショット 2014-08-09 01.37.03
画像:クリナップ アクリアバス

浴室ドア

お風呂の扉と言えば、悩まされるのがパッキンや通気口に黒く付着したがんこなカビ。擦ってもなかなか取れず見た目も不衛生ですね。

最近のモデルでは、汚れがたまらないように従来はドア下にあったゴムパッキンやガラリをなくしたり、上部へ移動させたりすることで、扉表面がフラットになり、ホコリや汚れが付着しにくくカビも生えにくい構造へと進化しています。

スクリーンショット 2014-08-09 01.39.18
画像:TOTOサザナ

いかがでしたか?

時代はゴシゴシ掃除からラクラク掃除へと大きく変わってきているようです。汚れがたまりにくく、洗剤なしでもサッと落とせるようになれば、時短掃除、そして洗剤や水も減らせるエコ掃除にもなります。

トイレ・お風呂選びの際には、実は重労働である「掃除・お手入れ」の面をしっかりチェックして選びたいですね。

bnr_sb

浴室リフォームの施工事例はこちら